海外の賃貸物件について

賃貸で退去するときに

海外の賃貸物件について
賃貸で起きてしまう原状回復と入居そして経年劣化ですが明け渡しのときは借りた当初に戻す、つまり現状復帰と言う義務が存在します。借りている人は当然のこと契約しているのですから貸している人に対しての明け渡しの義務を負っているので明け渡すだけではいけません。普通に生活することで出来てしまう自然磨耗や消耗品などは必要ありませんが貸主に負担の義務がなかったとしてもテレビや冷蔵庫などでできてしまった壁の黒ずみなどは生活に必要なものですから常識の範囲で置いたとしても家賃を取っている大家が負担すべきとなります。そして使用した後のあまりにも汚れが酷かったりする場合にはやはり掃除をされてないということで負担をしなくてはいけなくなります。

またシミやカビといった飲み物をこぼし作ってしまった場合や傷などは床の補修が必要になってくるため入居負担となってしまいます。ですから部屋の汚れなどはクリーニングで除去できるもに対しては通常通り大家が負担することになっているのでトラブルを回避するためにも入居者も知恵をつけましょう。またダイドラインにこう書いてあると言っても最近ではそうですかとなることが多いようなので早めの対処をとっておきましょう。

関連リンク

Copyright (C)2019海外の賃貸物件について.All rights reserved.