海外の賃貸物件について

リビングから和室を隠す様に繋げている賃貸

海外の賃貸物件について
部屋同士の移動距離を考えると和室をリビングの近くに置いておきたいけれど、和室と洋室が面するデザインはあまり好みではないと思われる事もあります。リビングと和室のデザインを合わせようとすると、どうしても和室側を少し洋室に近いデザインに変えていくしかない場合もあるものです。しかし和室は和風のデザインを徹底的に重視して、くつろぎの空間として使っていきたいのであれば、和室とリビングが面する位置を意識しましょう。リビングと和室が面している賃貸の中には、そのリビングの端からしか和室に繋がっていない物件もあるのです。

通常ならばリビングの真向かいに和室があって、部屋の中心同士で繋がりを作りあっている物件が多いと思います。しかしリビングの端の方に目立たない様に和室との繋がりを作り、まるで離れの茶室の様な感覚で使える様な設計をした物件も人気が出てきているのです。リビング側から和室が眺められる空間というのも良いものですけれど、あえて和室を隠す事でリビングの洋風なデザインに集中するという考え方で作られています。そういうデザインであってもリビングから和室に繋がっている事は変わりませんから、部屋の移動を面倒に感じる事もありません。

Copyright (C)2019海外の賃貸物件について.All rights reserved.