海外の賃貸物件について

賃貸物件を借りる際の連帯保証人とはどのようなものか

海外の賃貸物件について
賃貸物件を借りる際には連帯保証人をつけてくださいと言われることがほとんどです。初めて部屋を借りる人にとっては保証人というものがどういうものか分からないことも多いですし、頼む場合にもどのようにお願いしたら良いか分からない場合も多いでしょう。連帯保証人とはどのようなものなのでしょうか。

連帯保証人は賃貸物件を借りる際には親や兄弟など身内の人を付けてくださいと言われることがほとんどです。賃貸契約での連帯保証人とは、借り手が家賃などを支払えない時に、貸主から連帯保証人にそのお金を請求することができる仕組みになっています。また、荷物を置いて借主がいなくなってしまった場合、荷物を引き取ってもらったり、その処分費用を請求されてしまう存在です。連帯保証人が家賃の立て替えができませんと拒否したくても、なかなか拒否することはできず、その場合には裁判になってしまうこともあります。

連帯保証人を誰かに頼む時には、自分で家賃をきちんと支払うので迷惑はかけませんのでと、親や兄弟に対してもお願いした方が良いです。また連帯保証人には書類を出してもらう必要があります。実印での契約書捺印に伴い、印鑑証明書を役所で取得し、不動産会社へ提出しなければなりません。

Copyright (C)2019海外の賃貸物件について.All rights reserved.