海外の賃貸物件について

新築の賃貸物件は敷金精算が楽です。

海外の賃貸物件について
賃貸物件を借りる際、入居のチェックリストなどを作成する必要があります。それは何かと言いますと入居する際についていた汚れや傷などをチェックし記入しておき、退去まで保存しておくものです。自分が退去する際にはそのチェックリストと部屋を見比べ、新しくついてしまった傷や汚れに関して、自然消耗以外のものに関しては費用を自己負担して修繕しなければならないことになります。チェックリストは管理会社が作成してくれることも多いですが、システム自体がない不動産屋さんもありますのでその際には独自に作成しておく必要もあります。

チェックリストを作成するとともに、写真を撮影しておくのも良い方法です。やはり文字で記載しておくと分かりにくいこともありますが写真で撮影しておけば明白だからです。賃貸物件を探す際に、退去の敷金精算の楽さも考えて新築物件を借りるのもおすすめです。新築物件では傷や汚れは少々あるとしても、設備の不具合などはありませんし、新築してから3年程度は設備の保証期間があることも多いです。その為、自分が退去する際にある傷や汚れは自分でつけたものということがはっきり分かりますし、傷も中古物件より少ないと思いますので退去のチェックに関しても時間がかからず楽なのです。

Copyright (C)2019海外の賃貸物件について.All rights reserved.