海外の賃貸物件について

賃貸契約を交わす前には入居審査がある

海外の賃貸物件について
住みたい部屋が見つかって、よしこの部屋に決めようと思ったら、まずは入居のための審査をする必要があります。一方的に住みたい部屋が見つかったとしても、必ずしもそこに住めるかどうかはわかりません。というのも、賃貸住宅に住むというのは、結局は賃貸契約を交わすことによってそれができるのであり、契約という法律関係の性質上、双方の合意がなければ締結をすることはできません。すなわち、借りたい側が借りたいと言っても、貸したい側がそれを拒否すれば契約は結ばれず、したがって住みたい部屋に住めないということになってしまうのです。

これは、一見理不尽なことのようにも思えます。しかし、借りたい側が好きなように部屋を選ぶことができるのと同様、貸そうとする側も借りたい人間について選り好みすることができるという権利があってしかるべきなのです。だから、貸す側は借りたい側のことを調べて、その上で貸すかどうかの判断をします。これが入居審査と呼ばれる手続きです。入居審査では、どんなことが調べられるかと言うと、やはりいちばん大事なのは収入についてでしょう。家賃を支払える見込みのないものを住まわせるわけにはいきません。それは家賃を滞納する確率を少しでも下げようとする営為であり、決して否定されるべきものではないのです。

関連リンク

Copyright (C)2019海外の賃貸物件について.All rights reserved.